銀行からお金を借りる方法まとめ

446655

銀行と消費者金融。お金をはじめて借りるとき、皆さんならまずどちらから先にアプローチするでしょうか。

これはケースバイケースですが、おそらく、「少額でいいから現金がほしい!」という場合、銀行よりも消費者金融のほうに頼りたくなるのではないかと思われます。

確かに、消費者金融は文字通り、一般の消費者にとってもよりお金が借りやすくなるように、というニーズのなかで生まれた金融業者ですが、銀行も決して敷居の高い金融機関ではなく、低金利であるという意味では消費者金融よりも有利な条件で借入ができると考えられます。

無担保、保証人なしでお金を借りる方法

それは、カードローンを利用することです。一般的な融資審査では、銀行はまず、融資申請者の返済能力のレベルについて詳細に調査をします。

皆さんもおそらく身元のわからない赤の他人にお金を貸したくないように、銀行も信用できない人物には決して融資を行わないのが原則です。

厳密な調査の結果、一定以上の返済能力があると判断された場合、銀行は融資に踏み切りますが、その際、ほとんどのケースで担保と保証人が設定されます。

担保と保証人は、債務者がお金を返せなくなった時にそなえた一種の保険であり、実際に債務不履行に陥った場合にはあらかじめ設定した担保を差し押さえたり、連帯保証人に債務を移管したりすることで借金の弁済がもとめられます。

カードローンではあらかじめ申請時に本人の返済能力をチェックしているため、お金を借りる際にあらためて調査を受ける必要はありません

すなわち、カードローンの発行そのものが信頼の証であり、銀行から社会的に信用されているからこそ無担保、保証人なしでの借入が可能になるのです。

銀行側も、長引く不況やリーマンショックなどの影響で大企業などへの大口融資が滞りつつあり、利益確保の手段として一般の顧客へのローンの拡大などを検討しつつあります。

ただ、銀行ではどうしても即日融資というわけにはいきませんから、数日中に臨時の出費がある、などの場合には消費者金融のほうがスピーディにお金を借りられるかもしれません。

銀行のカードローンは店頭窓口やウェブサイトから簡単に申し込みができますし、毎月の維持費がかからないのも多いので、クレジットカードの申請と同時に申請しておくのもひとつの方法です。

ただしもちろん、カードローンも借金であることに変わりはありませんので、利用にあたっては金利や返済期間について具体的にシミュレーションし、無理のない返済プランを組み立てましょう。

銀行などのカードローンを利用するときの規制は

c

簡単にお金を借りることが出来るサービスに、カードローンがあります。消費者金融が主に販売していたのですが、近年では銀行もこのローンの販売に力を入れており、競争が激しくなっています。

また、銀行のローンを利用する人が増えたのは良いのですが、今度は返済に行き詰まり、自己破産をする人が増えてしまっています。

今、社会問題にもなっていて、今後なんらかの規制が必要と言われるまでになって来ました。

このカードローンとは、無担保で、保証人もいらない、更に契約をした人であれば、その期間中において利用限度額を超えない範囲では、何度でも利用出来ると言う便利さがあります。

つまりカードを作成した時点で、利用限度額が決められます。その利用限度額が、例えば100万円とした場合、借りる金額が100万円を越さない限り、何度利用しても良いことになります。

一般的な考えとしてあった、一度融資を受けた場合、その金額を完済するまで次の融資を受けることが出来ないと言う発想をなくしたものになります。更に、初めて利用する人においても、手続きが非常に簡素となっています。

自宅にあるパソコンやスマホからでも登録出来る便利さがある上、審査時間も早い時には20~30分ほど終了し、その後は振込みも可能と言う便利さも兼ねています。

急ぐ人は、カードを受け取り、ATMへ行きお金を下ろすことも出来ることになり、即日融資と言うことが出来るシステムにもなっています。

銀行と消費者金融にある大きな違い

chigai

このカードローンでの銀行と消費者金融の大きな違いとなるのが、融資額です。消費者金融は、過去に取りたてなどで大きな問題を残したことから、賃金業法と言う法律を作り、総量規制と縛りを作ることで、融資額の上限を作りました。

それが借りる人の年収の3分の1が、最高額と言うことです。つまり年収が450万円の人は、最高でも150万円が限度となり、それ以上の融資を受けることは、不可能と言うことです。

これは一社と言うことでなく、消費者金融等からお金を借りる金額の全額にあたるものとなります。一社から150万円借りてしまえば、他の消費者金融を利用出来ないシステムとなっています。

しかし銀行は、抜け穴があり、この賃金業法に関係がない企業となっています。そのため、銀行から融資を受ける時には、総量規制と縛りがないため、銀行の裁量で融資額が決まることになります。

簡単にお金を借りることが出来るカードローンですが、キチンとした審査は行われます。その審査に必要な書類としては、まず本人確認の身分証明書がいります。

身分証明書としては、自動車運転免許証、もしくは健康保健証、パスポートが考えられます。これからの時代は、マイナンバー制度の下に、個人番号カードの利用も考えられます。

ここで問題になる場合、提出書類の住所と住んでいる住所が、違う場合です。その時は、公共料金の領収書や納税証明書などの提出を求められる場合もあります。

また希望する融資金額や他社の借り入れ状況などから、収入証明が必要になる場合もありますので、注意が必要です。

収入証明がいらない方法の一つとして、融資を受ける金額を少なくすることです。多くの場合は、融資額が50万円とか100万円を超えるとなると収入証明が必要になって来ています。

そのため、10万円、20万円と言った額を少なくするのも、ひとつの方法です。年齢、職業、住所、住まいの形(自宅or借家)、収入などが確認されることになります。

多くは、安定した収入があれば大丈夫と言う設定になっていることから、正社員でなくてもOKと言う所が多くなっています。ですが逆に、収入が多くても安定した仕事に就いていない人は、融資を認められないと言うことも考えられます。

不安定な収入では、決まった返済が出来ない恐れが十分にあると言うことなのでしょう。

金融トラブルを起こさないことが大事

また、過去に金銭的なトラブルを起こしている人に対しては、厳しく審査されることになります。スマホの支払いが延滞した場合でも、ブラックリストに載ることがありますので注意して下さい。

特に自己破産などを経験した人は、最低でも5年間は融資を受けることが出来なくなります、中には7年間無理だったと言う人もいるようです。

その間は、クレジットカードなどの作成も出来ず、不便な生活を余儀なくされることになりますので、金融トラブルは起こしてはいけないと念じておきましょう。それは消費者カードローンを含め、クレジット等においても同様です。

お金借りる時には、必ず返済計画を立てることが必要です。必ず返済出来る金額を借りるようにすべきで、生活に負担がかかるような金額を借りない工夫をすべきです。

返済が滞り、返済が出来なっては、多くの人に迷惑をかけることになります。自分自身の生活も、非常に窮屈になってしまうことにもなり、ツライ日々が続くことになってしまいます。

簡単にお金を借りることが出来ても、お金を返すことは簡単ではありません